高校受験の社会といえば歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)と地理だからと言って、特に歴史(幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は京都の人気スポットの一つでしょう)の方はとにかく覚えなければならないことが多?存在します。他の教科と比べると、考えると言うよりは年号や人物名、土地名、時代(テレビなどで映像が流れると、どうしてあんなファッションをしているんだろうなんて思ってしまいますが、今のファッションも?年後に見るとそう感じるんでしょうね)の流れや出来事などを知識として身につけ、歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)全体を一つの物語のように覚えていく教科です。ですから、社会は物ごとを覚え暗記(得意な人は得意、不得意な人は不得意だといわれていますね)する事の得意不得意で、差が出てくる教科でもあります。歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)の勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)をする上では暗記(単語帳のようにカードに書く方法、語呂合わせを使って覚えやすくする方法などがあります)と言うのが1つのポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)になってきますが、ただ暗記(単語帳のようにカードに書く方法、語呂合わせを使って覚えやすくする方法などがあります)するだけではすぐに忘れてしまいますよね。機械(日本の技術は本当にすごくて、そんなことまでできるの!?というものが多いです)的になんの脈絡もなく暗記(きちんと覚えているか時間をおいて反復することで、記憶として定着しやすくなるでしょう)するのと、時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)背景などを照らしあわせて想像しつつ暗記(単語帳のようにカードに書く方法、語呂合わせを使って覚えやすくする方法などがあります)するのとでは、記憶(多かれ少なかれ美化されていくものです)する印象が全然違いるかもしれませんね。年表などで大まかな時代の流れを把握しから、細かい年号などを覚えていくととても効果的です。そして、年号などを覚えていくのに重要なことは、教科書や参考書(有名な予備校の講師が書いていたりすると、わかりやすいような気がしますよね)などをひたすら読んで書くと言う事なのです。書きながら口に出して覚えても良いのです。ただ読んでいるだけでは、なかなか頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)に入らないものではないでしょうか。また、年号の覚え方としては、語呂合わせ(縁起担ぎの一種として、お賽銭を5円にしたり、おせち料理に黒豆や昆布などを入れるのも、語呂合わせになります) が一般的なのです。その出来事になぞらえた語呂で覚える事が出来れば、年号も覚えられるし、その際何が起こったのかも同時に覚えられます。それに、近年では、ちょっとした歴史(「歴史能力検定」という検定試験も行われているそうです)にまつわる雑学ブーム(誰も彼もが熱中してしまうわけですが、冷めてしまうのも早いです)で、テレビなどでもよく取り上げられているようです。こういうところから歴史(「歴史能力検定」という検定試験も行われているそうです)に興味を持つ事が可能でれば、自然に頭に入ってきます。歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)だけではありませんが、興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)を持って学習する事は何よりも優れた勉強方法と呼ねれているんですー